墓石について

墓石について

トップ > お墓のデザイン

お墓の構造について

墓石の構造に決まりはありませんが、一般的には図のような構造になっています。
また大きさ、形にきまりはありませんので予算があえば自由に決めることができます。
お墓は作り変えることができません。ご要望を形にするためお打合せをしっかり行います。

西多摩霊園

デザイン

和型

日本で最も標準的なのが和型のお墓。台石の上に、長方形の竿石を建てるスタイルです。
近年では、さまざまなアレンジが加えられ、個性を強調したデザインも増えています。

洋型

洋式のデザインとはいえ、仏式のしきたりに沿ったデザインです。背が低いため親しみやすい印象で、小さなスペースでも建てられます。
東日本、特に首都圏で人気が高いお墓です。
霊園によっては、洋型墓で統一されているケースもあるようです。

オルガン型1段

ストレート型

オルガン型2段

オルガン型

オリジナル型

コンピューターを活用するなど、墓石づくりの技術は進歩しています。
以前と比べて、自由な発想の墓石を建てやすくなりました。
さまざまな形の墓石がつくられています。

五輪塔

お釈迦様の遺骨を入れる仏塔が、その原型です。

積み上げられた宝珠(団)、半月、三角、丸、四角の石には梵字が刻まれ、それぞれ「空・風・火・水・地」を表現しています。

仏教の思想を色濃く表現しているのが五輪塔のお墓。たくさんの宗派で、大変ありがたいお墓とされています。

正面

外観

外柵、玉垣、廻石

外柵や玉垣、廻石は、墓地の境界を示す部位であり、現世との結界も示しています。
墓石と合わせて、デザインを選びます。

全面階段型

角特A型

お墓の文字

お墓の正面には、「○○家之墓」「○○家先祖代々の墓」「○○家累代之墓」など、家名が記載されているのが一般的です。
側面には戒名や命日などを刻みます(別途墓誌を用意することもあり)。

仏教徒であれば「南無阿弥陀仏」「南無妙法蓮華経」などの文字を入れる場合もあります。
「愛」「夢」といった好きな文字や好きな言葉、辞世を入れるケースも見られるようになりました。

書体は楷書、隷書、行書、ゴシックなどから選びます。自筆の字も入れられますが、彫りの手間が増えるので、余計に費用がかかります。
旧仮名遣いが正式だと言われていますが、特に気にする必要はありません。

書体

お墓の彫刻

生前にお墓を建てる寿陵が増え、本人の趣味や趣向を反映した彫刻が多く見られます。楽器やゴルフボールをデザインを形取った、ユニークな墓石、付属品がお墓に置かれます。
石を加工する技術が進歩し、コンピューターで事前にデザインを確認することもできます。個性豊かなお墓がつくりやすくなっているのです。

お問合せ
お取扱い霊園(西多摩霊園)のご紹介
手順 お墓に関する費用 お墓のデザイン 墓石材について