初めての方へ

初めての方へ

トップ > 初めての方へ

お墓の持つ役割

21世紀の日本では、伝統的なお墓以外にも、埋葬方法の選択肢がたくさんあります。
一定のルールを守れば、海に散骨しても構いませんし、木を墓標とする樹木葬も人気です。

そんな中で、費用と労力とかけ、お墓を建て、守っていく意味は何でしょうか?

墓石は、ふつう花崗岩や安山岩、閃緑岩といった硬く丈夫な石材でつくられます。
中でも人気は花崗岩で、「御影石」はその総称です(神戸市御影の一帯が産地だったのでそう呼ばれるようになりました)。

御影石のお墓は、きわめて風化に強く、一度建てれば何百年でも受け継ぐことができます。
時が流れ、故人を直接知る世代がいなくなっても、子孫が手を合わせてくれます。
ご家族にとって、とても心やすらぐことではないでしょうか。

また、お墓参りする場所、手を合わせる対象は、生きている私たちにとって大変重要な存在です。

仕事や人生に行き詰まっているとき、故人と語らいながらお墓を掃除するだけで、心が落ち着くものです。
御先祖様を思うことで、自分が何者なのかを思い、家族や親族とのつながりを見つめ直すことができます。

気持ちが整理されると、明日を前向きに生きる活力が湧いてきます。
お墓参りは、眠っている方のためだけでなく、私たちが自分自身と向き合える時間でもあるのです。

ご自身はもちろん、子や孫、さらに続く世代に、そんな場所と時間を用意してあげることが
お墓を建てる大きな意味ではないでしょうか。

建てる時期

特に決まっているわけではありませんが、年忌法要にあわせて建てることが多いようです。
仏様がいらっしゃる場合には、一周忌までに建てるのが一般的です。
生前にお墓を用意する方もいらっしゃいます。
墓石工事にあたっては石材の加工から基礎工事、据付けまで2カ月以上かかることがあります。
法事の予定などをご考慮の上、余裕をもったご準備をおすすめします。

生前にお墓を建てる(寿陵)について

生前にお墓を建てることを寿陵(じゅりょう)といいます。

古来より長寿を授かる縁起の良い行いとされ、秦の始皇帝をはじめ、
中国の歴代の皇帝や聖徳太子も生前にお墓を建てていた記録があります。
近年では、
「家族にお墓のことで経済的な負担をかけたくない」
「元気なうちに満足できるお墓を建てたい」
などの理由から、生前にお墓を建てられる方が増えています。

お墓は相続税や固定資産税の課税対象から外れるので、寿陵は節税にもなります。
自分の入るお墓が気になっている方は、ぜひ一度ご検討ください。

墓地・霊園の選び方

1.立地
自宅から遠すぎると、お墓参りが大変になります。できれば片道2時間以内を目安にお選びください。
2.価格
永代使用料は墓地の大きさや立地条件によって異なります。そのほか墓石代・管理費などが必要になりますので、事前に確認しておきましょう。
3.宗教・宗派
寺院墓地は、そのお寺の宗派の人しか買えないことが多いようです。過去の宗派は問わない場合もあります。
4.環境
できれば、静かにお墓参りできる自然豊かな環境の霊園をおすすめします。園内送迎などのサービスがあれば、広い霊園でも便利です。
5.管理体制
霊園は永続して運営しなければなりません。実績などを考慮して、信頼できる管理体制に大切なお墓を任せたいところです。

墓地・霊園の種類

民営霊園

財団法人や社団法人、または宗教法人が経営主体となって管理・運営する霊園です。
多くは広い敷地を持ち、公園のように整備されています。
墓石は指定の石材店で建立しますが、大きさや形はある程度自由に選べます。また、生前にお墓を建てられるのも特徴のひとつです。

公営霊園

都道府県や市町村などの自治体が管理・運営する霊園です。宗教・宗派は問われず、墓石を建立する石材店の制約もありません。
ただし、申し込み資格に関して「当該霊園を運営する自治体に住んでいること」「ご遺骨がすでに手元にあること」などの制限が定められています。また公募による抽選で当選しないと使用権を購入できません。

寺院墓地

寺院境内にある檀家の為に設けられた墓地です。お墓を所有するにはその寺院の檀家になることが前提になります。
寺院の檀家になると寺院の維持に協力することになり、寄付金が必要になる場合があります。
お問合せ
お取扱い霊園(西多摩霊園)のご紹介
手順 お墓に関する費用 お墓のデザイン 墓石材について