仏事・お墓のあれこれ

仏事・お墓のあれこれ

トップ > 仏事・お墓のあれこれ > 仏事の豆知識

仏事の豆知識

お盆
「盂蘭盆会」を略して「お盆」とされています。父母や御先祖様に感謝し、供養する日です。本来は旧暦の7月15日。新暦では8月15日前後ですが、地域によってはかつての日付そのまま、つまり新暦でも
7月15日をお盆としている地域もあります。
宗派により違いますが、御先祖様の霊魂がこの世に帰ってくる期間として、行事が行われます。13日は「迎え盆」とし、仏壇の前に霊魂を迎える「精霊棚」をつくり、夕方か夜にお墓へお参りするのが一般的です。このとき、霊が迷わず帰ってこられるよう「迎え火」を焚きます。
15または16日は送り盆で、「送り火」を焚きます。大文字焼きや精霊流しは、大規模な送り火のひとつです。
お彼岸
春分の日と秋分の日を挟んだそれぞれ1週間がお彼岸です。彼岸とは「岸の向こう側」、仏教では悟りの世界や浄土のことを言います。浄土に渡るため、善い行いをし、先祖を供養する期間とされています。
家庭では、仏壇をきれいに掃除し、おはぎ(ぼたもち)やお彼岸団子をお供えします。ご家族で、お墓参りにも出かけましょう。特に、お子様がいる方は、ぜひ一緒にお参りしてださい。御先祖様を敬う気持ちを知り、人を大切にする気持ちにつながります。
なお、菩提寺がある方は、お寺で行われる「彼岸会」に参加されてはいかがでしょうか?正式な法要に参加することで、日本の伝統的な仏教文化に触れる貴重な機会となります。
お墓参り
お盆やお彼岸がお墓参りのシーズンですが、命日や故人の誕生日なども良い機会。
そのほか、ふと故人を思い出したとき、何か相談したいとき、結婚や試験の合格を報告するなど、いつお参りしてもかまいません。
正装する必要はありませんが、できればきちんとした身支度でお出かけください。
持参するものは下記の通りです。

お線香/ローソク/マッチ/お供えもの/お花/数珠/たわし/ビニール袋(大)/ぞうきん など

お供えは、お彼岸のお参りならおはぎ(ぼたもち)やお団子が定番ですが、あまり風習を気にせず、故人のお好きだったものを上げてください。
また、お墓参りの際には、お墓をキレイに掃除して帰ります(詳しくはこちら)。たわしやぞうきんを持参するのはそのためですが、バケツや手桶、ほうきなどの道具は、霊園で貸してくれます。
お墓の前では、拝む前にまず掃除をし、花入れに水をいれて持参した花を飾ります。ろうそくと線香に火を付けたら、仏様と縁の深い方から線香を上げ、墓石に水をかけます。水をかけるのには、御先祖様の霊を清める意味があるのです。
最後に合掌して冥福を祈ります。お数珠をもって、手を合わせるのが作法です。
お仏壇と供養
仏壇は、本来、仏像や仏具をお祀りするもの。
家庭では、故人の位牌を安置し、手を合わせる場になっています。
漆塗りに金箔の「金仏壇」と、黒檀・紫檀といった銘木を使った「唐木仏壇」に大きく分かれます。材質や製造方法により価格が大きく変わり、ひと目見て立派でも安価だったり、小さくても高価な場合もあります。
仏壇の飾り方は宗派によって違うので、ここでは割愛しますが、東向きに置くと良いと言われています。手を合わせるとき、極楽浄土のある西に向いて拝めるからです。
難しい場合は無理をする必要はありませんが、北向きだけは、良くないと言われています。
また、仏壇と神棚を、向かい合わせに置くのは避けてください。仏壇を拝むときに神棚にお尻を向け、逆もまた同様で、礼儀を欠くことになります。
開眼法要と納骨法要
墓石は、開眼法要を経て、はじめて単なる「もの」から「仏塔」となります。僧侶にお経を読んでもらい、お墓に魂を入れる法要で、地方によっては、「開眼供養」「入魂式」「魂入れ」「お性根入れ」などとも呼ばれます。親族などの参列のもと、一周忌やお彼岸、お盆などの仏事に合わせて行われます。なお、生前にお墓を購入した場合は、ほったらかしにせず、建ててからできるだけ早く行うのが好ましいとされます。
もうひとつ、大変重要なお墓の行事が、納骨法要で、開眼供養と同様にお経を読んでもらいます。故人がなくなられ、ご葬儀の後しばらくは、遺骨は自宅に安置されます。一般には四十九日に納骨法要が行われますが、宗教宗派や地方によって異なるようです。
最近では、火葬後すぐや一周忌や開眼法要と同時に行うこともあるので、良い日取りを菩提寺や石材店にご相談ください。
埋葬について
最近では、遺骨を埋葬するのはお墓だけではありません。
海への散骨や植物を墓標にする樹木葬、遺骨をロケットで打ち上げる宇宙葬という埋葬方法もあります。
個人の価値観によるので、「どれが良い」と一概には言えません。ただ、お墓にはお墓の大切な役割があることを忘れないでください。
詳しくは「初めての方へ」をお読みください。
お問合せ
お取扱い霊園(西多摩霊園)のご紹介
手順 お墓に関する費用 お墓のデザイン 墓石材について